プロフィール

いわかみ褥。

Author:いわかみ褥。
ぼちぼち海外旅行で思ったことを書いて行こうと思います。

行ったことのある町
■英-London,Cambridge
■仏-Paris,Lyon,Dijon,Annecy
■伊-Venetia,Firenze,Roma,Milan
■その他-Guam

悪意がなければトラックバックもコメントも大歓迎です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大英博物館

大英博物館について一つ。


私は二度、いったことがあるのですが
何故日本人はミイラとか好きなのかなあと思います。
というのも、私も行く前までは楽しみにしてたんですが
実際いってみると、ミイラを楽しみにしてる人って日本人が多いんですよね
他の国の人は別にそうでもないってかんじです。

ただ、ミイラって人間の死体なことにかわりはないわけで。
見ていて気分がいいものではなく
昔一緒にいった友人は具合が悪くなってもうみたくないと言い出す始末でした。


他にも見所のある大英博物館ですが
不思議なのはそこでした。

200805111.jpg

さて話もドス黒いのはいやなのではに丸くんでもおいておきます。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
スポンサーサイト

星降る夜に

先日、サンティグジュペリの夜間飛行を読んだ。
夜間飛行は、ライトもつけずに夜を飛行してくものらしい。そんなにまでか、と思った。
暗くてまわりが分からなくなって、怖いものではないだろうか。


飛行機からみる夜の風景というのは、私も実は興味のあるもので
去年のフランスからの帰国のときに、インドやイラクの上を通ったときに
なんて美しいのだと思ったことがある。
地上に降りなければ美しい世界が下に広がっているのだ。


でもやはり、すごいとおもったのは
日本からグアムにいくときだ
星が闇のなかでひとつひとつ掛けられていると思った瞬間だ。
数多の星が闇のなかでまたたいている。
あんなに多くの数を私はいままで一度にみたことはない。



星が海に零れ落ちたときに
まるで宝石が一粒消えていったような
そんな感じがした。



私には珍しい、流れ星だった。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。