プロフィール

いわかみ褥。

Author:いわかみ褥。
ぼちぼち海外旅行で思ったことを書いて行こうと思います。

行ったことのある町
■英-London,Cambridge
■仏-Paris,Lyon,Dijon,Annecy
■伊-Venetia,Firenze,Roma,Milan
■その他-Guam

悪意がなければトラックバックもコメントも大歓迎です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドンの地下鉄

200808267.jpg
この場所かなりお気に入りでした
乗り換えで使った気が


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
スポンサーサイト

2005年のロンドンでみた風景

200808266.jpg
すでに五輪のオブジェがありました


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

大英博物館

大英博物館について一つ。


私は二度、いったことがあるのですが
何故日本人はミイラとか好きなのかなあと思います。
というのも、私も行く前までは楽しみにしてたんですが
実際いってみると、ミイラを楽しみにしてる人って日本人が多いんですよね
他の国の人は別にそうでもないってかんじです。

ただ、ミイラって人間の死体なことにかわりはないわけで。
見ていて気分がいいものではなく
昔一緒にいった友人は具合が悪くなってもうみたくないと言い出す始末でした。


他にも見所のある大英博物館ですが
不思議なのはそこでした。

200805111.jpg

さて話もドス黒いのはいやなのではに丸くんでもおいておきます。

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

ピカデリー・サーカス

私が初めて海外旅行に行ったのは
もう大分昔の話になってしまったが
イギリスだった。

初めてだったのにもかかわらず、私は一人でイギリスに行った。
きっと安全だろう、夜出歩かなければ危険も少ないに違いない。
そんなことを考えながら。
とはいえ、本当に初心者。
ツアーを使って、フリータイム多めの内容を選んだということだ。
フリータイムの時、私は一人で色々と歩いた。


いろんなものが珍しくて、そのときはものすごいお金をかけて
くだらないものを土産に買った気がする。
日本にだって三越はあるのに、イギリスの三越で買ってしまったりとか。

そんなとき、財布の底はつきてしまう。
もちろんクレジットカードはあるが、多少なりとも現金は必要である。
私はトラベラーズチェックをどう換金すればいいか分からず、少し戸惑ってしまった。

「一人」

友達と一緒に来ていれば、少なくとも少しの勇気を持ってして、どこかの銀行に踏み込んだかもしれない。もしくは、片方の友達が知っているとか。

何故かそのとき、私はとてつもなく孤独を感じてしまい、誰にも相談できないでただ呆然とすることだけしかできなかった。
どうしていいか、わからない。
「困った時はピカデリー・サーカスに行けばいいんだよ」
ふと、イギリスに行く前に友達が教えてくれた言葉を思い出す。
とにかく、ピカデリー・サーカスに行ってみよう、と。
きっともっといろんなことを話してくれたのに、内容はそれしか思い出せなかった。



070803



ピカデリー・サーカスにきたものの、今にも矢を放たんばかりの天使は、雪にさらされていた。それでも寒さを感じさせないのは、やはり何かがあるんだろうか。

迷子のようにピカデリー・サーカスの周辺を歩いた。
銀行に入る勇気がでない。自分の迷いに嫌気が刺す。


少し歩いた先に、ドアの前に見慣れた言葉が写って見えた。

「あれ…日本語?」


私は慌てて、「すみません!あの…両替のできるところ、ここの近くにありますか?」

ものすごい困った顔で、雪にふきつけられていたであろう私の髪の毛は非常に惨めなものだったと思う。
でも、そこにいた日本人の人たちは、にこりと笑って
「ここをでて、右に行けば銀行があります。そこで両替はできますよ」
と、丁寧に教えてくれた。

当時、本当に英語ができないまま行ってしまった自分には、どれだけその言葉が、救いの声に聞こえたことだろうか。


私は丁寧に感謝を述べて、ふたたび雪の道を歩き出した。
目頭が熱くなってあたたかい涙が溢れてくる。


銀行は、本当に近くにあって
無事、両替もできた。


出口を出たときに、「やったね」と、ピカデリー・サーカスの上から、天使に声をかけられたような、そんな気がした。
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。